矢口高雄の独り言

「新春に寄せて」  更新日時:11/01/01



明けましておめでとうございます。

昨年末の「クニマス発見」のニュースは、暗い世相に一石を投じたような実に明るくホットなニュースでした。
2001年に「地底湖のキノシリマス」を発表したボクにとっては、「マンガが地で行ってる・・・!!」と、
思わず狂喜するほど衝撃的な発見でした。

そんな関係もあって、直後の三日間はテレビ(NHK・フジ・日テレ)や新聞各社の取材が相次ぎ、
ボクのホームページへの書き込みもこれまで類を見ない件数にのぼりました。

キノシリマス(クニマス)のドラマは、70年前(1940年)に秋田県の田沢湖に起こった愚かな
歴史的絶滅記にテーマを取った作品でした。しかし、なにしろ戦前の富国強兵の時代であり、
秋田の片田舎の出来事だっただけに、歳月の流れるなかで地元の人さえ忘れ去られる程に
しぼんだ悲劇でした。

「地底湖のキノシリマス」は、そこにスポットライトを当てて十年前の2001年に描いたドラマでした。
つまり、少し口はばったい言い方かも知れませんが、埋もれていた片田舎の過去のあやまちを、
ボクのペンで全国に向けて発信したドラマでした。

発表と同時に大きな反響がありましたが、おそらく読者の皆さんの心に大きく響いたのでしょう。
と同時に、片田舎に埋もれていた過去の悲劇が全国的に認知される結果となったはずです。
その意味でも、昨年末の発見に至るプロセスに、ボクの作品がいくばくかの役割りを
果たしたのではないかと思っています。

書き込みのブログを精査してみると、まずは「おめでとう」であり、マンガを地で行く発見にボクの
「創造力」を賞賛するものが相次ぎました。なかでも熱かったのは、発見後の「続編」を期待する事でした。

もちろん、そうした期待と要望はボクの心を大きくゆさぶるものでした。
しかし、新年に当りボクの胸中には「続編」への意欲がなかなか湧き上がって来ないことを告白しなければ
なりません。

それは、発見後の後日談のドラマ化という視点で考えたとき、どれほどの展開が望めるだろうかという事です。
失われたはずの絶滅種が奇跡的に発見された・・・という厳粛なる事実の前に、今後の私達に果せられた
命題は、過去の愚行を繰り返してはならないという反省と、今後それをどのように保護し
維持して行くか・・・という点にしかありません。

マンガの作品に限らず、ドラマの根底を支えるのは「謎」です。
謎が謎を呼び、会話が反発しあって進む。だから読者は、その謎を解き明かそうと読むのです。
クニマスの発見という事実は、その謎が解消されてしまったということを意味しています。

また、仮に続編を描いたとしても、読者のなかには自流や話題に便乗したスピンオフと
捉える方もいるかも知れません。
いずれにせよ現在のボクは、描く前から「ネタバレ」しているドラマには、ほとんど魅力を感じないと言うのが
本音です。従って「続編」の件は、クニマスの今後の推移を冷静に見守って行きたい、と
言うことになります。

そんな折りも折りの昨年末の天皇誕生日(12月23日)に陛下のお言葉として、
クニマスを「奇跡の魚」としてその発見を喜び、関係者の貢献を讃えられました。
この陛下のお言葉はクニマスの今後に大きな意味を持つものとボクは考えています。
つまり、陛下に讃えられたことにより、クニマスは日本の環境問題の象徴として、
国家的見地で保護対策が採られることになるでしょう。

ボクもそれを切望するものです。






Copyright 2011 Yaguchi Production. Allrights Reserved.