2003/8/1(金)   まるでドラえもん・・・・  



8月に入った途端、なんだか暑くなりましたね〜!暑さで立ちくらみがして
午前中仕事を休んでしまった私です。


 上の写真ですが8月11日からカムチャッカに矢口プロ全員行くのですが現地で
釣りをする時の格好です。
日本は、暑い(多分)けど向こうは水が冷たいのでウールのような素材のまるで
冬着のような感じです。

 なんか「ドラえもん」に似てません?下まで写ってないけど、足が短いので
まるで「忠臣蔵」の「吉良」の袴状態です。プププ・・・


 カムチャッカの映像をビデオで観賞したんですがスゴイところですね〜!
矢口のふるさと・秋田なんてまるで都会!!
爬虫類(ヘビ・トカゲ等)は、いないらしいんですが、羆があるみたいで
矢口プロ・マネージャーが行く前からビビってます(笑)。


 とにかく人間が歩ける道が無い(いわゆる"ケモノ道"ってヤツ)

 お土産に最高級のキャビアをヨロシク!
と矢口に言ったら「そんなものは売ってない!」とケンモホロロにつき返された・・・

 マネージャーの良子からのカムチャッカ・レポートを楽しみにしている私であった。







  2003/8/11(月)   K フェス・・・・  



K フェスに行かれた方、お疲れ様です!それにしてもスゴイ人だったですね〜。
前日まで台風10号で荒れ狂ってたのに当日は見事なピーカンでした。

サイン会も盛り上がってましたね。私は、写真をバチバチ撮ってました(後ろで)
「矢口的風景」でもアップしましたが、疲れました・・・けど、楽しかった♪

だって「ちばてつや先生」、「川崎のぼる先生」に直で会えるなんてこんな
イベントがなければ絶対にお会いすることなんて出来ないから。
ちば先生は、1回だけ我が家に遊びに来たことがあるんですが本当に可愛い方です。
そしてあの「あしたのジョー」を描いただけあって素晴らしい方です!!

川崎先生は、初対面でしたがとてもダンディでステキな方でした。
ああ・・・この人が「巨人の星」をお描きになったのね・・・て、待合室で一緒させて
頂いた時につくづく感動していた私です。

3人揃うと凄いんです、オーラが。神々しいというか何というか・・・・・・・

今回のK フェスのトークショー&サイン会に来られた方も実際に見られたと
思いますが迫力ありましたよね〜この3人衆は。
伝説の「ボクシングマンガ」、「野球マンガ」、「釣りマンガ」を描いた本人達。







  2003/8/18(月)   あ〜、コヤッ・・・・ 



矢口も無事、カムチャッカから帰って来てボーッとしてます。
カムチャッカのレポートは、後ほどアップしますがちょっと時間が
かかりそうなのでしばらくお待ちください。

私は、「ギャラリー」を3日前から編集してたのですが、今回は矢口の俳句を入れたのを
作りたかったので先に画像を編集してから俳句を描いて貰おうと待機してました。

カムチャッカから帰って来たばかりで疲れてると思ってたけど、催促して描いて貰った俳句。

今回のテーマは、「三平 四季を往く」。

「春、夏、秋、冬」と合計4枚の俳句が必要だったので私は矢口に編集した画像を
見せイメージを伝え、矢口が書き終わるまでずっと横で監視してました。
(まるで鬼のように)。

出来上がった俳句に早速目を通し、「冬」の俳句の季語に「寒スズメ・・」という文字を見て
思わず「スズメなんて画像に入れてないよ!!」と叫び
急いでスズメの画像を探し、再編集しました。
だって編集した画像を矢口に見せたのに「冬」は、三平くんと雪だけの
画像なのに何故季語に「寒スズメ」?

そうしたら今度は矢口がスズメの配置についてアレやコレやと言い始め絵コンテまで
描いてきて悪戦苦闘した後に出来上がりました。

あ〜、コヤッ!("コヤ"とは秋田弁で「疲れた」という意味です)

今回の「三平 四季を往く」は、矢口と私の共同制作です。

あ〜あ・・・お盆休みも終り。明日からは再び仕事が始まる・・・・






  2003/9/2(月)   アジア・マンガ・ワールド・・・  



7月、8月は矢口にとってタイヘン忙しい月でした。
何せイベントがやたら多かったから。7月は、サッポロファクトリーのサイン会でしょ。
それと「海の日」の金沢八景の釣り大会でしょ。
8月は、幕張で「K-フェス」のサイン会に次の日から五日間の「カムチャツカ旅行」で
帰って来たかと思うと、23日は、山梨県の釣り大会でしょ。

それから更に一週間後には、横浜で開催された「アジア・マンガ・ワールド」の
サイン会・・・・ただこの人って年のわりに身体だけは丈夫なので・・・・・
だけど、持病の「ギックリ腰」がいつ起きるんだろうとハラハラ見てましたが日頃、
ジムに通っているせいか今回はどのイベントもクリアしたみたい。

今回のサイン会は、本当に楽しかったです★矢口ファンと直に交流出来たというか
「ああ、この人達あっての矢口高雄だなぁ・・・」ってツクヅク思いました。
初期からのファンの方々や「平成版 三平」、「三平/CLASSIC」でファンになった
方々など本当に熱いファンがこんなにいるんだと感動さえしました。
この間の「K-フェス」のサイン会の時も朝6時から並んだファンもいたみたいで。
今回は、朝6時半から並んだファンもいたと聞いてビックリです!

私も映画だけど、「スターウォーズ/EP 1」の試写会の時は、始発に乗って会場へは
5時半くらいに着いて並んでました。ちなみに整理券は、夕方4時に配布され映画上映は、
夜の7時でした。さすがに眠くて死にそうになりましたね。
初日の「千と千尋の神隠し」を観に行った時は、9時間並びました(笑)。

ミネさん、朝6時半から本当にお疲れ様です!そしてムナゾーさんも。
まさるさん、頂いたCDは、矢口の「陽水CDコレクション」の中に収められてます。
メグさん、やまさん、これからも矢口の作品を愛してください。
気仙沼のジャンさん、ファミリーで遊びに来てくれてありがとう御座います!
「ヨモギ稲庭うどん」は、相変わらず美味しいですね♪
うぉうさん、今回は残念ですがまたの機会に会いましょう!

今回来て頂いたファンの方々へ、これからも矢口の作品を大事に愛してください!







  2003/9/16(火)   暑いよ!暑いよ!!  



10年以上前から集めてる私のBARBIEコレクション古いのは、60年代〜70年代。これは、ホンの一部です!


9月に入ってから毎日が暑くて死にそう・・・・しかも気温が33℃〜34℃でしょ!
車のハンドルが熱くて火傷しそうです。

先日、私の「ヒノマル号」がヘンクツなオバちゃんに後方確認ミスで逆カマ掘られた事は、
「矢口わ〜るどBBS」でもお伝えしましたが、その事故があった時に近くに交番があったので
「事故証明書」を貰いに行ったんです。

お巡りさんに事情を説明したんだけど、お巡りさん曰く
「示談にするか事故証明を作るかは、双方で話し合って決めてください」


オイ!こっちは目の前でモメてんだぞ!!しかも相手は、自分がぶつけた癖に
悪いと思ってないし、目の前でヒステリックにワメき散らしてる見てるでしょ!

以前、私は今回と似たような事故に2回(今回で3回目)あったんですが、
1回目の時は、相手は「N カーアドバイザー」という仕事をしている人で、乗ってた車は、
4駆だったんだけど、右ウィンカーを点滅させ右折するかと思ったらイキナリ
バックしてきたんです。私は、勿論クラクションを「ブーブー」鳴らしたんだけど、
相手には、聞こえずそのまま「ガシャ〜ン!」。
初めての事故だったし、助手席には母、後席には妹が乗っており3人とも
ショックでしばらく動けませんでした。

相手は示談を要求してきました。私も初めての事故だったし相手が車屋さんという
仕事だったので安心して示談にすると承諾したらその後が大変だった。
相手の保険屋もいい加減な人で修理が終るまで2ヶ月以上かかったのよ。

その時、お巡りさんに相談したら
「どんな小さな事故でも必ず最寄の交番に行って事故証明書を作らなきゃダメだよ」

話は戻って今回のO区Dのお巡りさんが私に言った事が矛盾してるんですよね。
私が以前、お巡りさんに言われた事を言ったら「義務ではないので話し合いで示談にしても
良いんですよ」なんて言われました。それっておかしくない?
民事には介入しないのは分かるけど、目の前で接触事故が起こったのに・・・・
しかもモメてるのに・・・・

今回の事があってから、オバちゃんも頭にくるけど、お巡りさんも信頼できなくなりました。

矢口に事故の話をしたら「今年、オレがぶつけた方がダイナミックだったな!
今回はナンバープレートが出っ歯になっただけだろう・・・カカカ・・・」だってさ〜!







  2003/9/23(火)   慢性腎不全  



Y獣医科院にて・・・少し回復した「なっこ」


原因は、歯石が溜まって歯茎が炎症を起し、飲み物も食べ物も受け付けられなくなって
脱水症状と栄養失調だった・・・・そして持病が「慢性腎不全」と判明。

「なっこ」は、我が家に9年間住み、その後、隣の家の娘になったネコです。
だけど現在、隣と我が家を自分の家と決めているみたいなので両家が面倒を
みているという何とも贅沢なお姫様です。
しかし、この子も今年で14年(人間年齢だと72歳だそうです)なのでお婆ちゃんなんだけど、
毛艶は良いし、見た目は年寄りネコには見えません。(ホント!)

先週の土曜日(台風15号到来日)の雨の中、我が家の玄関前に蹲ってたんです。
いつもと様子がおかしく、なんだか薄汚れてたのでシャワーでキレイに洗ってあげて
ドライヤーで乾かしたのに毛がバサバサのままでいつもの柔らかい毛に戻らない。
餌をあげても食べないし、水や牛乳をあげても一応飲むんだけど歯が痛い
みたいで吐き出す仕草をするので辛そうだった。

イスの上に毛布を置いて「なっこ」を休ませてたんだけどグッタリして、人肌が恋しいのか
私が抱きしめても嫌がらず「ゴロゴロ」いいながら蹲ってたんです。
夜12時くらいに隣へ帰りたいとフラフラしながら正面玄関を歩いたので、
その日はそのまま隣に行かせました。

翌朝といっても10時ごろかな・・・隣の家の人が「なっこ」の事で来たんですけど、
雨が降っているのに庭の物置小屋の上に蹲ったまま家の中に入らないと心配そうに
教えに来てくれたので私と妹は、早速、隣の庭に行きました。
物置小屋の上で小さく蹲った「なっこ」を見て、抱きしめて暫く暖めてたんですが
このままにしたら死にそうだったので我が家に持ち帰ったんです。

日曜・祭日は、ほとんどの病院(人間のも含めて)が休みだし、手当たり次第
電話をかけまくって診てくれる動物病院が見つかったので至急車で
すっ飛ばしました。

動物病院に着き、「なっこ」の状態を診て即入院と決りました。
自分では、餌や水分を取る事が出来ないので、点滴をするしか手段がない位に
弱ってたんです。

レントゲンや血液検査の結果は、夕方、電話で聞いたのですが 口腔内の炎症で
白血球数が26,600もあったんです(普通は、5500〜12000)

去年、膀胱炎になって以来、腎蔵系が弱いという事もあって「なっこ」は、
「慢性腎不全」と診断されました。まあ人間も年取れば色々病気になるし
ネコも一緒なのよね・・・・・

現在(未だ2日しか経ってない)は、点滴と薬のお陰でだいぶ良くなってきましたが
退院するまでは、心配です。早く元気な姿に戻って欲しいと願ってます。

しかし・・・・「なっこ」って幸せなネコだなぁ〜てつくづく思いました。
我が家でも隣でもお姫様扱いで可愛がられてます。

余談ですが、「なっこ」を病院に連れて行く時に夕方、静岡から帰ってくる予定
だった矢口が「ただいまぁ〜」と帰ってきたんです。
だけど矢口を迎える状態(暇)なんてなかったのでそのまま無視して病院に
すっ飛んで行ったのですが、家に帰るとイジけた矢口が独りテレビを観てました。
次の日まで自分が無視されたと根に持ってました。
そんな矢口がまだ子供のように見えて私は、笑ってしまった。







  2003/10/12(日)   結婚40周年  









「釣りキチ三平」が今年で生誕30周年を迎えましたが、
矢口は今年で
結婚40周年を迎えました。

そんなわけで、今日は娘2人で結婚記念日をお祝いしました
(家賃代わりというウワサもある)。
「これからも末永く仲良くね」ということで、お揃いのパジャマをプレゼント。
写真館で家族写真を撮り、夕食には地元の鉄板焼き屋さんでたらふく豪華ディナー!

2人とも満足そうにしていました。

10年後には金婚式だね。それまで娘2人はそばにいるつもりなので、
もっともっと仲良くしてね。



しかし、どうだろう・・・・40年の歳月は永いですね〜。23歳の時の矢口は、
スマートでイイ男?だったのに63歳現在は、気のせいか背が縮んだようなカンジが
するなぁ〜・・・・・

愛妻・勝美の方は基本的に変わってないけどね。
だけど、40年も夫婦してて凄いと思います。(尊敬)

山あり谷ありだったけど、それを乗り越えて現在に至るんだと思いました。
ちなみに現在も年に4回は、夫婦ゲンカします。これが凄まじいのなんのって!
(夫婦喧嘩、犬も食わず)

だからこの2人、年取らないんですね〜。

高雄 23歳  勝美 21歳

高雄 63歳  勝美 61歳





上の写真は当時、婚約したばかりの時の写真です。矢口は、この時20歳。
勝美は17歳(ひえ〜!!)ちなみにこの時、勝美は、なんと!高校生!!!

この頃の矢口は、痩せていたのでトックリセーター(タートルネックの事ね)を
着てますが、現在は首が太くて着れません。


★本人は、
石原裕次郎を意識してます!!

それにしても、母の若い頃って私(長女・YUMI)にソックリだわ〜。
現在の母を見るたびに、数年後の自分を見ているようで怖くなります(笑)。



  

新婚旅行は、箱根だったそうです。(左上の写真)
キレイにオシャレしていったのに、乗り物に弱い勝美は船酔いしまくり、大変だったそうです。
だけど、
Barbie人形のようで可愛い!!

矢口は恋愛時代から勝美があまりにも可愛かったので銀行の同僚に
会わせなかったそうです。
今でも「勝美は、ちごでにぇ〜めんこかった(とっても可愛かった)」と、のたもうてます。







  2003/11/20(木)   木枯らし 1号  



イキナリ寒くなりましたね〜★
私なんて軟弱だから既に電気敷き毛布のお世話になってます。
靴下履かないと足指の先端が寒くて寝られない今日この頃です。

やっとこさ「スタートレック/ネクスト ジェネレーション」も全て観終わりました。
長かったなぁ〜だって合計177話もあるんだから・・・・
その他、劇場版も4作あるでしょ。だけど、すっかりハマってしまい、再び
DVD BOX-1から観始めてます。私も懲りないなぁ〜・・・・・・
スタトレに取り付かれてる間にも他の映画のDVDを買っているんだけど、
なかなか観れなくて(もう本当に中毒です!データ少佐★LOVE!)


ネクスト ジェネレーションのデータ(TV版) ジェネレーションズのデータ(映画版) ファーストコンタクトのデータ(映画版)

上の画像は、探しまくってゲットしたデータ少佐のフィギュアです。
日本では、手に入りにくいのでアメリカのオークションで購入しました。
顔もなかなかアンドロイド・データの様に機械的な白い顔をしてるんだ♪

と、いうわけで私の部屋ン中は、こうした物が沢山積んでいるので、父・矢口は、私の部屋を
覗く度に呆れ返ってます。

私が不在の時、父の知り合いでこうゆう物に大変興味のある人が訪れてきた時父は、
その人を私の部屋に案内したらビックリしたそうです。
その時に父は初めて私が凄いものばかり集めているんだと知ったみたいです。

だけどココ最近、地震が多いので積んであるオモチャが大変な事になってるみたい。
先日もバービーの箱に思いっきり右ひざをブツけて腫れ上がりました。
しかも去年、バイクで事故った所を思いっきりブツけたからもう痛いのなんのって!!

スタトレに夢中になってる今日の私ですがその間、矢口はいつの間にか〇ページも
書き上げてました(平成版を)。途中まで書き終えた作品は既に
拝見したけど、相変わらず良いですねぇ〜・・・・・
「CLASSIC/15号」より平成版が合体するのでお楽しみにして下さい!







  2003/11/27(木)   釣りキチ三平 in カムチャツカ 2004  



「釣りキチ三平/CLASSIC 15号」(12月20日発売)から平成版三平くんの
連載が始まります。上の画像は扉絵でして、これでようやく平成版が始まるって実感しました。
前の「平成版」は、「読みきり」というスタイルでしたが今回は、「CLASSIC」と
合体して「連載」という形にしました。

矢口も今年で64歳ということで200ページの読みきりを描き上げるというのは
大変なんだと思うんです。(本人は、いつまでも若いつもりでいるけど)
ただし「CLASSIC」は、月2回発売なのでこれはこれで締め切りがあるので
労力は同じなんだろうけど、皆さんも応援して下さいね!
矢口は昔から締め切りは「守る男」なので「三平inカムチャツカ 2004」は、
月2回確実に、皆さんに楽しんで貰えると思います!




講談社から発売する「「釣りキチ三平カレンダー」(上の画像)ですがこちらは
工場の都合で生産が遅れているそうです。

12月中には、予約された方の手元には届くと思います。
予約された方の中で「何時届くのかなぁ〜?」と不安になっていると思いますが、
我が家にも完成品が届いてないので安心してください。

ゲラ刷り挙がって昨日、講談社の川鍋さんが持ってきたんですがとてもゴージャスです!
2000円は安い!裏面にも工夫があって・・・・これは入手してからの

お楽しみ!







  2003/12/10(水)  年末も忙しい矢口  



現在、平成版三平くん「カムチャツカ編」に奮闘している矢口。
いつもの事だけど、ギリギリになってようやく描き始めて今、ノリまくってます。
年末といえばほとんど誰もが忙しいですが、矢口も忙しそうです。
「カムチャツカ編」に「CLASSIC三平」の対談に忘年会・・・・・

妻・勝美と楽しいクリスマスを過ごして貰いたいと思い、私たち娘から
「井上陽水・クリスマス ライブ」のチケットをプレゼントしました。
(なんて親孝行なんだろう!私たちって!!)

話は変り、最近、「ロード オブ ザ リング/二つの塔/SEE」(スメアゴル
フィギュア付き限定5000個BOXセット)を購入したのですが
スメアゴルが良く出来てるんです(不気味なくらいに!!)

劇場版の上映時間が約3時間くらいですが、「SEE」は未公開映像40分追加
で3時間40分という長さですが前回の「旅の仲間」同様に出来が良いんです!
連続3回も観てしまった・・・・(休憩を入れながら)

本編以外にも特典映像ディスクが2枚あってこれがまた溜息が出るくらいに凄かったです。
舞台の裏側を一生懸命に支えてる人たちのエピソードは、
マニアック以外には考えられません。この映画がスゴイのは、役者も魅力があるけど、
小道具や舞台を作った人たちなんです。とにかく凝ってるんです。

だから映像の中に「本物」の迫力が感じられるんですね。

矢口マンガにも共通するものがあって矢口もマンガの構成を考える時、時間をかけ、
調べまくりその結果、凄くリアリティな作品が生まれるんだなと思います。
描くまでの構成時間は、だいたい2〜5ヶ月くらいかな・・・・








Copyright yaguchi production Allrights Reserved 2003