矢口高雄☆観察日記

  11/04/11(月) 東北地方太平洋沖地震 


3月11日に発生いたしました、東北地方太平洋沖地震にて被害を受けられた地域の皆様に、
謹んでお見舞い申しあげますと共に、一日も早い復旧を心よりお祈り申しあげます。

東北地方太平洋沖地震が起きてから丸一ヶ月が経ちますが相変わらず
余震が続いてますね。
3月11日に起きた地震の時、私は母と一緒に家にいました。
私はPC作業をしていた時に突然揺れだして揺れは次第に大きくなり長い地震でした。

家中の物が沢山落ちてきてコレはただ事じゃない・・・と思い部屋の中の物を
片付けたのですが間もなく再び大きな地震がやって来た。

矢口はアトリエにいたのですが中がグチャグチャになったそうです。

テレビをつけると生れて初めて津波を見て身震いがしました。
何もかも流されていく、何もかも飲み込まれていく・・・・・・
津波が退いた後はまるで地獄の様な町並み。

私や矢口は東京に住んでいるから地震だけの被害で住んだけど、東北の被災者は
何もかも失ってしまったんですね。
東京では停電とかは無く、食べ物にも困らないけど、本当に被災者の方々の事を思うと
胸が痛みます。

東京でも毎日余震が続いています。
揺れていないのに揺れた感じがする毎日を過ごしています。

一ヶ月経った今日も頻繁に余震が続いてますね。
東京も節電を行っているので夜になると街が真っ暗な感じです。

あの大きな地震が来てから我が家は10日間家に篭っていました。

地震、津波、原発の三拍子の今回の大惨事は本当に怖ろしいです。
しかし被災者の方々と比べたら未だ我が家は普通?の生活が出来て大いにマシな方です。

早く元の元気な日本に戻ることを祈る毎日です。





Copyright 2011 yaguchi production. Allrights Reserved.