11月21日(日曜日)にNHK「日曜スタジオパーク」にゲストとして生出演した矢口。
特集は
"私を釣りに釣れてって"(笑)・・・・という訳でテーマは「釣り」

NHKの控え室で台本を読んでる矢口。控え室は禁煙ではないので本番までリラックスしてました。


司会の高市佳明さん、住吉美紀さん、テツandトモさん、制作スタッフ方々と打ち合わせをしている風景。
本日のテーマ「釣り」について台本と照らし合わせながら皆さんと語り合う矢口。
渓流釣り、海釣り、ルアーに毛ばりと色んな話が飛び交い、中でも「鮎釣り」の話は皆さん、興味津々!



「鮎の友釣り」は他の釣りと違って
鮎の闘争心を利用した釣りでエサで釣るのではなく
オトリ鮎を使って戦わせるユニークな釣り。
釣りの中でも特に「鮎の友釣り」が大好きな矢口。番組本番より熱弁していた(笑)。



「有明海のムツゴロウ」の話の時、矢口は「何回トライしても釣れなかった」
死んだムツゴロウさえ引っ掛けられなかったそうです。
「体験したからこそ
「神業」としてリアルに描けた」と熱弁。



「四万十川のアカメ」を描いていた当時、実際のアカメは「桂浜水族館」で見ただけだという。
つまりアカメは釣った事が無いのだ。
「だからダイナミックな表現と想像でマンガを描く事が出来た」と矢口は語る。

正に「ビッグ・フィッシュ」( By Tim Burton)!!








番組本番では4歳の時、マタギの人に教えてもらった以来、釣りに夢中と語る矢口。
(マタギだよ!マタギ!!もしかして熊も捕まえたことあるのかなぁ?)
矢口マンガの壮絶リアルな世界って少年時代の実体験だったんですね〜正に「野生児」です!!

      



 

Copyright (c) 2004 yaguchi production. Allrights Reserved.