12月16日、小学館の忘年会の帰りに矢口は、銀座7丁目にある
伊藤すま子さんが経営するバー「ベレー」に足を運んだ。


    

伊藤すま子さんと矢口。

カウンターが15席に、小さなテーブル席が一つ。

漫画家の故・横山隆一さんが名付け親で、漫画家、編集者、文化人も多く集まった
この店が今月末(12月29日迄)に閉店することになりました。

48年間という歴史を持つこのお店のママの伊藤すま子さん(79歳)に別れを
告げようと大勢のお客さんが来ていました。





本当に引退してしまうの!?・・・と思うくらい若々しい「すま子」ママ。
「すま子」ママは若い頃、無政府主義者の大杉栄殺害事件を首謀したとされた
甘粕正彦満州映画協会理事長の秘書を勤めていたそうです。

  

終戦直後の旧満州で、その甘粕の服毒自殺にも出くわしたという。
お茶を置いて理事長室を出た時、「ドサッ!」という音がしたので、部屋に戻ると
口から泡を吹いて倒れていたのを実際に目の前で見たという
正に歴史の生き証人のすま子ママ。



  

店の名前「ベレー」は故・横山氏が「分り易くないと」と、ふと頭のベレー帽に手をやり、
「これだ!」と決めたそうです。
ボトルシール、コースター、マッチも故・横山氏がデザインしたそうです。

    



店内の壁には、故・横山氏や小島功さんや赤塚不二夫さんらの
「漫画集団」が描いた猫の60匹以上飾られていた。



こんなステキなお店が閉店なんて非常に残念ですね。

すま子ママ、48年間本当にご苦労様です。


 

Copyright (c) 2004 yaguchi production. Allrights Reserved.